動作介助をする目的は「動作介助を援助することによって、その人をより良い状態へ変化させること」

『モーションエイド ー姿勢・動作の援助理論と実践法ー』(下元佳子著)P8より引用

   

そうか

だから、良くなるのか

 

シンプルな話でした、要は。 

 

食・心・体から、良くなる介護。

また、お会いしましょう☆             

広告